DeNA三浦監督、送りバントが多い?現在10個でリーグトップ

2021年04月08日 12:30

[ベイスターズ速報@なんJ]

抜粋

1

1: 風吹けば名無し 2021/04/07(水) 23:55:03.31 ID:Ivd9FUN30
既にセリーグトップの10

2: 風吹けば名無し 2021/04/07(水) 23:55:48.92 ID:Ivd9FUN30
DeNAに番長改革!バンバンバント、犠打数5年連続最少から180度転換

DeNAの野球が変わる。実戦を想定し、内野守備と走者がついての打撃練習。しかし、打者がバットを振ることはない。「ケース打撃」ならぬ「ケースバント」。昨年までは見られなかった光景が、約40分間にもわたって繰り広げられた。

 「得点力を上げていくためには走者を進めていくことが重要。シーズンで必要だと思うからこそ、キャンプでしっかり選手に落とし込んでいかないといけない」

 三浦監督が狙いを明かした。ラミレス前監督が率いた5年間は犠打数がリーグ最少で、最近2年間は盗塁数も最少。昨季は打率・266、135本塁打がともにリーグ1位ながら得点数は同3位の516点にとどまり、2年ぶりのBクラス(4位)に終わった。

 課題は明確。新監督は就任会見から一貫して「1点でも多く取る野球」を掲げており、大味な攻撃からの脱却を目指す。この日はサインを出し、送りバントだけでなく、1死一、三塁でのセーフティースクイズや、わざと空振りして一塁走者が盗塁する“偽装スクイズ”など、さまざまな攻撃の形を試した。

 犠打についても佐野、宮崎以外の全打者が順番にバントを試みた。計31回で失敗は3。90・3%の成功率に三浦監督は「高かったかな。一発目にしては走塁も守備も含めてよかった」と満足そうにうなずいた。

https://www.sanspo.com/baseball/amp/20210210/den21021005020002-a.html

3: 風吹けば名無し 2021/04/07(水) 23:55:57.40 ID:49FSizUs0
漢三浦、大味野球を嫌う

続きを読む

この記事を見る