“落とせない女はいない”球界一のモテ男「DeNA・神里和毅」でも落ちなかった「有名アナ」

2020年10月20日 02:00

[ベイスターズ速報@なんJ]

抜粋

bandicam 2020-03-14 22-36-51-509

1: 風吹けば名無し 2020/10/19(月) 19:40:10.85 ID:ip2Wyafk0


これまでの流れをざっとおさらいしておくと、9月4日発売の「フライデー」が堤アナと神里の自宅お泊りデートを報じた。

 横浜のマンション街に、神里が運転する「レンジローバーヴェラール」が現れ、助手席から堤アナが降り、スーパーマーケットで食材を買った後に2人はマンションで合流。

 2人で一夜を過ごした翌朝、神里のレンジローバーは彼女を乗せ、都心方面へ向かったという。

 2人の知人は、「昨年夏ごろから交際をスタートさせた。神里は昨年11月にベイスターズの寮を出て、今のマンションに引っ越した。堤アナと過ごす時間を作るためでは」と大要語っている。

 実際、昨年11月の契約更改を終えた後の会見で、

「家具をそろえたいです。昨日も段ボールの上で食事しましたから」

 と照れ笑いを浮かべた神里。沖縄・糸満高で3年夏にチームを初の甲子園出場に導き、中大、日本生命を経て、2018年ドラフト2位でDeNAに入団。

 2年目の昨季は123試合に出場して初めて規定打席に到達し、打率・279、6本塁打、35打点15盗塁の数字を残し、球宴にも出場した。走攻守の3拍子が揃い、主として1番を任される切り込み隊長だ。

 堤アナはと言うと、入社5年目だが、大妻女子大在学中からBSフジのニュースなどに出演していた。エース候補の1人である。

 一方でその後、10月1日発売の週刊文春は、堤アナの1期上の小澤アナも神里と交際していたことを報じている。「ミス慶應」からフジテレビのアナ、英語も堪能、仕事熱心という欠点が見つからないタイプだ。

 もともと、先輩と神里との交際を知らなかったという堤アナ。神里にその一件を問いただしたら、神里は否定したという。

 フジ関係者の話として、「堤アナは彼を信じ、『付き合ってもいなかったのに変な噂を流されている!』と小澤アナとの関係がぎくしゃくしてしまった」と紹介されている。

 神里は球界でも超がつくプレイボーイとして知られているだけあって、過去にアプローチした相手も少なくない。

 担当記者によると、

「“落とせない女はいない”と彼が口にしていたのを聞いたことがあります。なかなかの自信家ですね(笑)」

 もっとも、そんな男でも落ちなかったある有名女子アナがいるという。

「2年前の夏ごろだったと思います。知り合いから、“神里選手が鷲見アナをぜひとも紹介してほしいと言っている。大好きで、真剣にお付き合いしたいと言っている”と聞きました」

 と話すのは、「鷲見アナ」の知人だ。



続きを読む

この記事を見る