ラミレス監督、京山について「援護があれば勝ち投手になるだけの投球をしていた」

2020年09月29日 07:30

[ベイスターズ速報@なんJ]

抜粋

bandicam 2020-09-28 18-09-03-580


158: 風吹けば名無し 20/09/28(月)22:35:41 ID:l9.gr.L17
語録


 (広島戦。試合前のオンライン取材)
 ―中継ぎはいい形で運用できている。
 「今外国人の兼ね合いもあって、連投はない。そうできているのも他のリリーフがしっかり投げているから」

 ―平田、伊勢がいい働き。
 「すごくよくやってくれている。相手の勢いを止めるということでいい働きをしてくれている。どのピッチャーがいっても遜色がない、すごくいい状況」

 ―リリーフの登板数はリーグ上位。
 「上位にいるのは悪いことではない。それほど疲れているわけではないし、すごくよくやってくれている。ただ選手によってはホーム、ビジターで成績が変わってくる。ホームで投げてロードで休むなど使い分けというのは重要。あとは戦略的に先発を5、6回で代えるので違いが出ているかなと」

 ―京山は5回3失点。
 「全く悪くない。むしろよかった。援護をしてあげられなかったが、援護があれば勝ち投手になるだけの投球をしていた。何球か変化球が浮いたが、全体的によかった」

https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=topic_headline_nikkan&id=5786443&_from=news_topic_hl&gid=21&pid=6

続きを読む

この記事を見る