【朗報】山﨑康晃「悪くない」 習得中のスライダーに手応え

2020年02月14日 21:30

[ベイスターズ速報@なんJ]

この記事を見る

抜粋

1: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 18:12:18.98 ID:Xo8BOSZN0St.V
bandicam 2020-02-14 21-19-04-047

DeNA守護神山崎康晃投手が、習得中のスライダーに手応えを示した。打撃投手として打者2人に計38球。安打性6本を許したが「ここまでケガなくいい準備ができている。スライダーも悪くないです」。

打席に立った乙坂から感想を聞いたといい「もっと精度を上げて、指にかけられるようになれば」と、完成度アップに意欲を見せた。

※全文は下記リンク元より
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-02140637-nksports-base

2: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 18:12:31.97 ID:Xo8BOSZN0St.V
ちなスライダーを習得しようとするのは5年連続5回目

DeNA山崎スライダー手応え ラミ監督がハイペース調整指令
2019/02/10
 
DeNA山崎が新球「スラーブ」試投/今日の一番
2018年02月12日 
DeNA 山崎康、新たな武器スライダーなどで3者三振締め
2017/04/09 
DeNA・山崎康晃が“番長カーブ”習得
2016年2月22日
「スライダーやカーブでピッチングの幅を広げたい。カーブは三浦さんを見て、盗んで試しています」

 新人セーブ記録を更新する37セーブをマークし、新人王を獲得したデビューイヤー。ちょうど1年前の今頃は“ナックルボーラー”として話題を呼んだこともあったが、クローザーとしてやっていく過程で「確率の低いボールを消していった」(山崎)。
結果、残ったのがストレートとツーシームだった。この2球種で球界を代表するクローザーの地位を確立。
しかし、相手も研究してくるであろう2年目は、同じことをやっていては昨シーズンを超える数字は残せない。そこで選んだのがスライダーであり、カーブだった。



続きを読む

関連記事