横浜DeNAベイスターズアンテナ

【DeNA】異例の再獲得の高城が会見「うらやましかった。みんな楽しそうに野球をやっていた」

2019年11月19日 17:40

[De速]

この記事を見る

抜粋

1: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 16:14:15.35 ID:FS+VhcAs0


 オリックスから戦力外通告を受け、DeNA入団が決まった高城俊人捕手(26)が19日、横浜市中区の球団事務所で、三原球団代表とともに会見を行った。

 高城は11年ドラフト2位で九州国際大付高からDeNAに入団。昨年7月に白崎とともに伊藤光、赤間との2対2のトレードでオリックスに移籍した。だが、今季は1軍出場が5試合に終わって戦力外となり、2年ぶりに古巣から声がかかり復帰が決定。トレードで放出した選手が他球団を戦力外となり、古巣が再獲得するのは、17年オフの実松一成(巨人から日本ハムにコーチ兼任で再入団)らはあるが極めて珍しいパターンだ。

 オリックスに在籍していた約1年半の間も「どうしても(DeNAの)みんなことが気になって、ベイスターズの試合も気になっていた」という。外から見た元チームメートの姿を「うらやましかった。みんな楽しそうに野球をやっていた。みんなで束になって戦っているのが見えた」と振り返った。





続きを読む

関連記事