<感染が拡大、沖縄でも有観客キャンプの方針>コミッショナー「よほどのことがない限り、その条件で進行すると思っている」

2022年01月11日 16:00

[ベイスターズ速報@なんJ]

抜粋

npb


1: 風吹けば名無し 2022/01/11(火) 11:58:33.31 ID:CAP_USER9
プロ野球とJリーグ合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議」が11日、オンラインで開催され、プロ野球の斉藤惇コミッショナー(82)は2月からの春季キャンプについて、現時点では有観客で開催する方針であることを明かした。

 新型コロナの変異株「オミクロン株」によって、キャンプ開催地の1つである沖縄県で感染が拡大。9日からは今月末を期限に「まん延防止等重点措置」が適用されている。

 その中で、斉藤コミッショナーは過去2年間の感染予防対策の実績から「しっかりと対策をしながら、できる限りお客さんを入れてキャンプもやりたいと思っている」とした。

 昨年末に自治体と有観客でのキャンプ開催について合意していることを明かし、「今、急きょ自治体側から変更したいという声は出ていない。よほどのことがない限り、その条件で進行すると思っている」と説明。大声を出さないなどイベント開催の基本方針に沿って、有観客キャンプの準備を進める考えだ。

ディリースポーツ 1/11(火) 11:48
https://news.yahoo.co.jp/articles/0292fb7fd3b6111161d9830a047509cce6534eff

続きを読む

この記事を見る